技術開発懇談会2012年度

2015年度 2014年度 2013年度 2012年度 2011年度 2010年度

 

長岡会場  三条会場  上越会場 見附会場 魚沼会場

  

2012年度(魚沼会場)

日時

平成25年1月24日(木) 17:30〜20:00

話題提供者 長岡技術科学大学 機械系 教授 田辺 郁男
テーマ 日本のものづくり
内容  
  • 以下の4項目について講演します。
  • (1)ものづくりのための大学教員の利用方法(長岡技大のインキュベーションセンター、技術開発センター、知的財産センターの上手な利用方法)
  • (2)鏡面ポリシング技術(大型構造物の鏡面加工、複雑微細構造物の鏡面加工、軟質材の鏡面加工技術とその開発秘話)
  • (3)強化アルカリ水中切削(環境保全に充分考慮するとともに、高精度化、低コスト化も同時に軽減できる加工技術)
  • (4)日本でのものづくりを成功させるためのイノベーション・ツール(成果最高水準のものづくりを容易・迅速・安価で行うためのイノベーション・ツールとその開発事例)
主催
  • 長岡技術科学大学
  • 公益財団法人長岡技術科学大学技術開発教育研究振興会
  • 魚沼市
後援
  • 長岡技術科学大学協力会
  • 魚沼市ものづくり振興協議会
参加対象者 地元の産・官・学の研究者、技術者、経営者等
募集人数 20人程度
参加費 3,000円
(開催日当日、受付にてお支払いください。)
会場

小出ボランティアセンター
〒946-0011 魚沼市小出島1240−2

その他 懇親会(18:30〜20:00)を予定しております。

 

2012年度(見附会場)

 

日時
平成24年11月22日(木) 17:00〜19:30
話題提供者 長岡技術科学大学 機械系 教授 田辺 郁男
テーマ イノベーション達成のための極意
内容  
  • 以下について講演します。
    産学連携、企業とに共同研究の仕組みやその状況
    一般に利用できる技科大の特許や研究テーマ(強アルカリ切削とイノベーションツール)の紹介
主催
  • 長岡技術科学大学
  • 公益財団法人長岡技術科学大学技術開発教育研究振興会
  • 見附市
後援
  • 長岡技術科学大学協力会
  • 見附商工会
  • 見附市進出企業交流会
参加対象者 地元の産・官・学の研究者、技術者、経営者等
募集人数 20人程度
参加費 4,000円
(開催日当日、受付にてお支払いください。)
会場

イングリッシュガーデンホテル レアント

〒954−0076 新潟県見附市新幸町5−10

その他 懇親会(18:00〜19:30)を予定しております。

 

2012年度(上越会場)

 

日時
平成24年11月7日(水) 16:30〜19:30
話題提供者 長岡技術科学大学 システム安全系 教授 福田 隆文
テーマ システム安全の基礎 「安全な設計とは?」を考えるヒント
内容  機能の多くは毎秒5個などと数値で表せますが、安全は基準がはっきりしません。実は、安全に関するISO規格でも同様です。では、安全とはどのように考え、どのように実現するのでしょうか?
今回は、具体的な安全装置の新技術の紹介はありませんが、製品を世に送り出す際に知っておいていただきたい基礎的なお話しをさせていただきます。
話題は機械の安全設計が中心となりますが、できる限り多くの分野の方の参考になるようにお話しをします。機械設計だけでなく、電気設計の方、プロセス設計の方など多くの方々と一緒に考えてみたいと考えています。
主催
  • 長岡技術科学大学
  • 公益財団法人長岡技術科学大学技術開発教育研究振興会
  • 上越市(上越ものづくり振興センター)
後援
  • 長岡技術科学大学協力会
  • 上越ものづくり協議会
  • 上越商工会議所
  • 上越商工会議所
参加対象者 地元の産・官・学の研究者、技術者、経営者等
募集人数 20人程度
参加費 4,000円
(開催日当日、受付にてお支払いください。)
会場

直江津学びの交流館 多目的ホールA

〒942−0001 上越市中央1−3−8

その他 交流会(18:00〜19:30)を予定しております。

 

 

2012年度(三条会場)

 

日時
平成24年9月3日(月) 16:30〜20:00
話題提供者 長岡技術科学大学 機械系 教授 福澤 康
テーマ セラミックス材料の金型、ダイス部品加工
−放電加工による、絶縁性セラミックス材料の精密3次元複雑形状加工−
内容  多くの複雑形状をした部品を大量生産する際には、金型を用いた加工が適用されることが多い。この金型形状は、SKDや超硬材料を放電加工により加工される。また、ノズルや抜型のダイスなどの精密部品も放電加工により加工される部分が多くある。
  この講演では、放電加工技術の最近のトピックについて紹介するとともに、講演者らが開発した、絶縁性材料の放電加工法(補助電極法)によるセラミックス材料の加工技術および金型部品加工への適用の可能性を紹介する。
主催
  • 長岡技術科学大学
  • 公益財団法人長岡技術科学大学技術開発教育研究振興会
  • 三条市
後援
  • 長岡技術科学大学協力会
  • 三条商工会議所
  • 協同組合三条工業所
参加対象者 地元の産・官・学の研究者、技術者、経営者等
募集人数 20人程度
参加費 3,600円
(開催日当日、受付にてお支払いください。)
会場 財団法人燕三条地場産業振興センター
  リサーチコア 産・学・官共同研究開発室
(三条市須頃1丁目17番地)
その他 近隣にて、懇親会(17:30〜20:00)を予定しております。

 

 

2012年度(長岡会場)

 

主催
  • 長岡技術科学大学
  • 公益財団法人長岡技術科学大学技術開発教育研究振興会
  • 長岡技術者協会
後援
  • 長岡技術科学大学協力会
  • NPO法人長岡産業活性化協会NAZE
参加対象者 地元の産・官・学の研究者、技術者、経営者等
募集人数 各回20人程度
申込方法

各開催日の3日前まで

電話・FAX・メールにてお申込みください。

参加費 2,000円
(開催日当日、受付にてお支払いください。)
その他 懇親会には軽い食事をご用意いたしております。

 

日時・話題提供者・内容の紹介

 

9月11日(火)
18:00〜20:00

電気系 准教授 岩橋政宏

ニュー大黒ビル6階会議室

テーマ 「時代はアナログからデジタルへ。何がどう変わったのか?」
概 要  

 テレビはアナログから地デジになりました。一体、何がどう違うのでしょうか?ブラウン管はなくなり、液晶テレビへ、そして今はLEDの時代です。写真のフィルムを現像することもないですね。今はデジカメで撮ればメールで送れます。
 近年増々難解になるデジタル技術について、背景と内容をわかりやすく紹介します。処理は極めて複雑ですが、考え方そのものは、意外と日常生活と変わらないものです。

10月4日(木)
18:00〜20:00
物質・材料系 教授 塩見友雄
ニュー大黒ビル6階会議室

テーマ 「ポリマー材料におけるナノテクノロジー」
概 要

 材料に対する高度な要求に応えるために、種々のポリマーを複合化したポリマー材料が開発されてきました。複合化においては、単に性質の違う異種ポリマーを混ぜるだけでなく、材料中にサブミクロン程度あるいはそれ以下の構造を持たせなければなりません。このようなポリマー材料を「ポリマーアロイ」と言います。この複合化により、車のバンパーをはじめ耐衝撃性を必要とする材料にもポリマーの使用が可能となりました。

 本講演では、ポリマーの基礎と特性を概括し、その上に立ってポリマーアロイの複合化技術を紹介します。また時間があれば、資源や環境問題との関連についても述べたいと思います。
10月30日(火)
18:00〜20:00
原子力安全系 教授 鈴木達也
ニュー大黒ビル6階会議室
テーマ 「原子力の利用による新たな鉱脈の創造」
概 要   原子力は、一般には核エネルギーを電力に転換して利用するものとして認識されています。実際、原子力発電としての利用が世界中で用いられている大部分の利用法です。しかしながら、エネルギー利用として用いられる原子力発電は原子核反応の利用の一部でしかありません。核反応はある元素を異なる元素に変化させる反応です。したがいまして、元素を作り出したり、なくしたりすることにより、新たな物質利用に道を開くことが出来るのです。
 これらの利用は今後、新たな鉱脈を作り出す可能性を持っています。

12月6日(木)
18:00〜20:00
環境・建設系 教授 陸旻皎

アトリウム長岡フェニックスの間

テーマ 「新潟の水害と水防災」
   近年日本各地で豪雨が発生し、甚大な災害をもたらしています。新潟県内でも度々水災害に見舞われています。特に、中越地方は平成16年に続き、平成23年にも百年に一度の凄まじい豪雨に見舞われました。
 ここで、新潟県における水害、その特徴、そして、地域住民の安全・安心を守る水防災システムについて説明します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

最新情報