技術開発懇談会2013年度

2015年度 2014年度 2013年度 2012年度 2011年度 2010年度 

 

2013年度(長岡会場)

 

主催
  • 長岡技術科学大学
  • 公益財団法人長岡技術科学大学技術開発教育研究振興会
  • 長岡技術者協会

 

申込書はこちらです。

上記をクリックして下さい。
後援
  • 長岡技術科学大学協力会
  • NPO法人長岡産業活性化協会NAZE
参加対象者 地元の産・官・学の研究者、技術者、経営者等
募集人数 各回20人程度
申込方法

各開催日の3日前まで

電話・FAX・メールにてお申込みください。

参加費 2,000円
(開催日当日、受付にてお支払いください。)
その他 懇親会には軽い食事をご用意いたしております。

 

日時・話題提供者・内容の紹介

 

7月25日(木)
18:00〜20:00

物質・材料系 准教授 松原 浩

ニュー大黒ビル6階会議室

テーマ
「金属薄膜とナノ粒子との複合材料〜めっきでなければできないものを作る」
概 要
 

 めっき浴の中に微粒子を懸濁させてめっきを行うことで、微粒子を金属膜の中に複合化させた金属−微粒子複合材料が作製できます。これはめっき法の特徴のひとつです。この「複合めっき」と呼ばれる手法により、これまで主としてμmサイズの微粒子を複合化させためっき膜が作製されています。
 近年ダイヤモンドやチタニアなどのナノ粒子が安定して入手できるようになってきましたが、粒径がナノサイズになると単純にめっき浴に微粒子を添加するだけでは、めっき膜中に複合化する事は困難になります。

 ナノ粒子を効率よくめっき膜に複合化するためにはどのような因子に気をつける必要があるか・・・。過去の知見に独自の研究成果を加えて包括的な考え方を示します。また、ナノ粒子を複合化させためっき膜の期待される用途についても説明します。
10月29日(火)
18:00〜20:00
電気系 准教授 岡元 智一郎
ニュー大黒ビル6階会議室

テーマ
「手のひらサイズのホットスポット型酸素センサシステムのしくみ」
概 要

 近年、エネルギー・環境問題の関心が高まる中、安全・安心で快適な生活を支えるための技術が広がりを見せています。ここで使用されている技術の一つに、酸素センサーがあります。酸素センサーは、燃焼の正確な制御、防爆、酸化の抑制、酸欠防止等、酸化還元反応に関連するあらゆる分野において使用され、小型軽量、低廉、低消費電力を目指して研究開発が行われています。

 今回は、従来の酸素センサーの基本的なしくみについて説明し、最新型ホットスポット酸素センサーの研究開発の経緯、動作原理や構造、応用例などを分かりやすく紹介します。
11月28日(木)
18:00〜20:00
原子力安全系 教授 小川 徹
ニュー大黒ビル6階会議室
テーマ
「古い原子力と新しい原子力」
概 要
 

 現在世界では400基を超える発電用原子炉が稼働しており、新興国を中心にさらに増えようとしています。その大半は軽水炉です。軽水炉といっても、様々な型のものがあります。日本国内にも新旧さまざまな軽水炉が存在します。一方、軽水炉としてさらに安全性を高度化した型のものも、設計、建設が進んでいるし、軽水炉とは全く違った仕組みの原子炉の研究開発も進められています。

 既存の原子力の安全性の確保、向上のための様々な取組や、新型の原子炉に向けた国際動向について紹介します。

 

 

 

 

 

2013年度(三条会場)

 

 

日時

平成25年9月30日(月) 午後3時開始

話題提供者 長岡技術科学大学 生物系 助教 山本麻希
テーマ 効果的なサル・クマ被害対策について
内容  
  •  近年、里山の荒廃や中山間地の過疎、高齢化などの社会的な変化、そして、野生動物の個体数が増加したことなどが原因で、奥山から集落へ野生動物が出没し、深刻な農林水産業被害や人身被害が生じています。サル、クマの被害対策に共通するのは、動物の固体管理、農作物の被害防除、森林や農村の生息地管理の3点について総合的に実施していくことです。このためには、集落を単位とした鳥獣被害対策への取り組みが欠かせません。本講演では、サルとクマの被害に対し、先進的な取り組みをしている集落の例を取り上げながら、効果的な被害対策の方法についてご紹介します。

 

申込書はこちらです。

上記をクリックして下さい。

 

会場

ウェルネスしただ

〒955-0107 新潟県三条市飯田1029番地1

参加対象者
  • 地元の鳥獣対策の関係者
募集人数
30人程度
参加費 無料
申込方法 9月23日(月)までに電話・FAXにてお申込み下さい。
申込先

三条市経済部農林課

TEL:0256-34-5511(内線435)  FAX:0256-33-7250

主催
  • 三条市
  • 長岡技術科学大学
  • (公財)長岡技術科学大学技術開発教育研究振興会
後援(予定)
  • 長岡技術科学大学協力会
  • 三条市鳥獣被害防止対策協議会

 

 

 

 

2013年度(上越会場)

 

 

日時

平成25年10月8日(火) 17:00〜18:00

話題提供者 長岡技術科学大学 生物系 教授 福本一朗
テーマ 21世紀の技術立国を担う医用生体工学
内容  
  •  病院では血圧計・心電計・電気メス・CT・MRIなど様々な機械システムが毎日働いています。このように生体を診断・治療する機械は一般に医用生体工学機器(ME機器)と呼ばれいいますが、阪神淡路大震災・東日本大震災で痛感された様に、近代医学はそれらなしには一日たりともその任務を果たしてゆくことはできません。
     それのみならず生活習慣病等に対して国民一人一人が健康を守るための力強い技術的支援を与えてくれています。医用生体工学は医学生物学と工学の境界領域にある新しい学問であり、様々な専門の人と企業がそれぞれの個性を生かしながら人類の福祉と幸福に貢献できる広大な領域を有しているとともに、工業技術立国たる我が国産業の未来を背負う起業の機会を提供しています。今回はこの医用生体工学についてご説明いたします。

 

申込書はこちらです。

上記をクリックして下さい。

 

会場

上越市教育プラザ 研修棟 3階大会議室

(上越市大字下門前593番地)

参加対象者

地元の産・学・官の研究者、技術者、経営者等

募集人数

40人程度

参加費 無料
申込方法 9月24日(火)までに電話・FAX・メールにてお申込み下さい。
申込先

上越ものづくり振興センター

TEL:025-545-2933 FAX:025-545-2988 

E-mail :

主催

上越市(上越ものづくり振興センター)

長岡技術科学大学

(公財)長岡技術科学大学技術開発教育研究振興会

後援

長岡技術科学大学協力会

上越ものづくり協議会

上越商工会議所

上越鉄工協同組合

 

 

2013年度(見附市会場)

 

 

日時

平成25年11月6日(水) 17:00〜20:00

話題提供者 長岡技術科学大学 システム安全系 教授 福田 隆文
テーマ NIICOによる事例紹介と長岡技術科学大学からの話題提供
内容
17:00 事例紹介
 研究開発のススメ〜成功事例から学ぶ
公益財団法人 にいがた産業創造機構(NICO)
産業創造グループ産学連携チーム 杉井 伸吾
 中小企業が大学とつきあう方法
株式会社小西鍍金 代表取締役 小西 統雄
17:30 話題提供
 システム安全の基礎「安全な設計とは?」を考える
長岡技術科学大学 システム安全系 教授 福田 隆文
18:40 懇親会

 

     

      

      

     

      

  

     

     

  

 

申込書はこちらです。

上記をクリックして下さい。

 

会場

グランドール四季亭
〒954-0057 新潟県見附市新町2丁目7番10号
TEL/0258-63-5135

参加対象者

地元の産・官・学の研究者、技術者、経営者等

募集人数

20名程度

参加費 4000円(開催日当日、受付にてお支払いください)
申込方法 11月1日(金)までに電話・FAX・メールにてお申込み下さい。
申込先

見附市産業振興課

電話/0258-62-1700(内線227)  FAX/0258-63-5775
E-mail/

主催

見附市
長岡技術科学大学
(公財)にいがた産業創造機構(NICO)
(公財)長岡技術科学大学技術開発教育研究振興会

後援

見附商工会
見附市進出企業交流会
長岡技術科学大学協力会

 

2013年度(魚沼会場)

 

日時

平成26年1月24日(金) 17:30〜20:00

話題提供者 長岡技術科学大学 機械系 准教授 磯部 浩已
テーマ 超音波振動を活用した切削・研削の加工特性向上
内容  

 切削・研削加工において、工具、被削材あるいは切削・研削液のいずれかを超音波振動させることで、加工特性の向上を目指しています。

 振動する工具によって、加工抵抗が低減することが知られており、切りくず排出過程や被削材内部応力の変化を解説します。

 また、サブミリサイズの小径ドリル工具を超音波振動させることで、チゼルの食いつきが向上し、チタン合金、ニッケル基合金で穴精度の向上が確認されています。さらに、より簡便に超音波振動の効果を適用するために、研削液へ超音波エネルギを重畳する装置をデモンストレーションします。既存の研削盤の加工特性が向上する可能性があるので、是非とも実機を体験してください。

  

     

      

      

     

      

  

     

     

  

 

申込書はこちらです。

上記をクリックして下さい。

 

会場

小出ボランティアセンター
〒946-0011 魚沼市小出島1240-2

参加対象者

地元の産・官・学の研究者、技術者、経営者等

募集人数

20名程度

参加費 4000円(懇親会参加者は、開催当日、受付にてお支払い下さい)
申込方法 1月17日(金)までに電話・FAX・メールにてお申込み下さい。
申込先

魚沼市役所 商工観光課 商工振興室

FAX:025-793-1016  TEL:025-792-9753
E−mail:

主催

魚沼市
長岡技術科学大学
(公財)長岡技術科学大学技術開発教育研究振興会

後援

長岡技術科学大学協力会
魚沼市ものづくり振興協議会

 

 

 


最新情報