高度技術者研修


2015年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 

 

高度技術者研修2011

 

 

開催日

平成28年2月4日(木) 9:45〜16:40

会場 長岡技術科学大学 環境システム棟 7階会議室
テーマ 嫌気性生物処理による有機性排水・廃棄物からの資源回収およびメタン精製
受講資格 本分野に関心のある現職の技術者等
募集人員 20名
受講料 6,200円
研修概要

研修課題1:「有機性排水・廃棄物の嫌気性生物処理技術、その技術の国内外での適用」

 有機性排水・廃棄物の処理・資源回収に適用されている嫌気性生物処理(メタン発酵)について、その概要、適用事例、および分子生物学的観察手法(実習)について説明します。

 概要:1.嫌気性排水処理技術の概要

     (1)嫌気性排水処理の原理

     (2)嫌気性排水処理に関わる微生物生態

     (3)嫌気性排水処理装置

    2.各種有機性廃水・廃棄物への嫌気性排水処理技術の適用(事例紹介)

     (1)中高濃度有機性排水への適用

     (2)低濃度有機性排水への適用

     (3)有機性固形廃棄物への適用

     (4)嫌気性排水処理技術と他の技術との組み合わせシステム

     3.分子生物学的微生物観察手法の実習

     (1)嫌気性微生物の解析・観察手法の概説

     (2)FISH法(蛍光標識による微生物の観察)の実習

 

研修課題2:「バイオガスの利活用技術(精製技術、エネルギー変換技術)」

 発生したバイオガスの基本的な性質と精製技術、利用技術として都市ガス燃料、都市ガス導管注入、電力利用技術、再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT制度)について技術者の視点で説明します。

 概要:1.バイオガスの利活用技術の概要

    2.バイオガスの精製技術(吸収法、吸着法、膜分離法)

    3.バイオガスの燃料利用技術(事例)

       (1)都市ガス原料および都市ガス導管注入

             (2)自動車燃料

             (3)水素化技術

    4.バイオガスのエネルギー変換技術

     (1)バイオガス発電技術の概要

     (2)小型バイオガス発電技術

    5.バイオガス発電による再生可能エネルギー事業(事例)

       (1)固定価格買取制度(FIT)について

       (2)下水道事業

     (3)生ごみ、食品廃棄物

       (4)家畜排泄物

講師

技術科学イノベーション専攻 教 授  山口 隆司

技術科学イノベーション専攻 准教授  姫野 修司

研修日程
9:45〜9:50 開講式・オリエンテーション
10:00〜13:00 有機性排水・廃棄物の嫌気性生物処理技術、その技術の国内外での適用
13:45〜16:15 バイオガスの利活用技術
(精製技術、エネルギー変換技術)
16:25〜16:40 閉講式・修了証書授与式

 

主催 長岡技術科学大学
後援 長岡技術者協会
長岡技術科学大学協力会
公益財団長岡技術科学大学技術開発教育研究振興会