ライセンス可能な特許(開放特許)の詳細です。大学特許の利用や大学への技術相談をお考えの企業様等へ技術詳細を紹介します。

開放特許抄録集


・整理番号欄の「印刷用PDF」の文字をクリックすると本抄録のPDF版が入手できます。
・発明者欄の◆をクリックすると、本学の「研究者総覧」から在籍する研究者の情報を検索できます。
また★をクリックすると、本学に在籍する研究者の技術シーズを検索できます。

整理番号:0027 印刷用PDF
特許名称 ポリフルオロベンゾキノン類の製造方法
発明者
略歴/業績他 
研究室概要
西口 郁三、 前川 博史、 秋山 祥一

利用分野

有機機能性材料、医薬品、生理活性物質、農薬等

発明の目的 従来、高価なハイドロキノン類からの酸化反応により合成され、収率も満足すべきものでなかったため、本発明は、安価な原料を使用して、簡便な操作で効率良く低コストでポリフルオロベンゾキノン類を製造します。
概要 ポリフルオロベンゼンを、(式中、Rは水素原子、ハロゲン原子、又はORを表し、Rは炭素数1〜5のアルキル基を表す。)トリフルオロ酢酸とハロゲン化炭化水素(例えば、塩化メチレン)との混合溶媒中にて陽極酸化することでポリフルオロベンキノン類を製造できます。
化学式1
特徴・効果 トリフルオロ酢酸とハロゲン化炭化水素との混合溶媒中にて陽極酸化を行うことにより、安価で入手が容易な1,4位にフッ素原子を有する下記一般式(1)で表されるポリフルオロベンゼン類を原料として、常温常圧下、低コスト及び簡便な操作で効率良く、下記一般式(2)で表されるポリフルオロベンゾキノン類を製造できます。
発明の詳細・
図面等

【特許請求の範囲】
次の一般式(1)で表されるポリフルオロベンゼンを、
【化1】化学式1
(式中、Rは水素原子、ハロゲン原子、又はORを表し、Rは炭素数1〜5のアルキル基を表す。)
トリフルオロ酢酸とハロゲン化炭化水素との混合溶媒中にて陽極酸化することを特徴とする、次の一般式(2)で表されるポリフルオロ−1、4−ベンゾキノンの製造方法:
【化2】化学式2
(式中、R及びRは上記と同じである。)

【詳細】
ポリフルオロベンゼンを、トリフルオロ酢酸(以下、「TFA」と略記することがある)とハロゲン化炭化水素との混合溶媒中で、陽極酸化することによって、1,4位にあるフッ素が脱離し、容易かつ選択的に一般式(2)で表されるポリフルオロー1,4ーベンゾキノンが得られます。

本発明の実施例で使用する、ビーカー型セルの模式図
ポリフルオロベンゾキノン合成ビーカー型セルの模式図

ライセンス情報
  • 特許登録番号:第4113955号
  • 登録日:H20年4月25日(2008年)
  • 権利満了日:H36年5月18日(2024年)
  • 実施許諾:可
  • 権利譲渡:否
事業化情報
  • 実施実績:無し
  • 許諾実績:無し
↑PAGE TOP