ライセンス可能な特許(開放特許)の詳細です。大学特許の利用や大学への技術相談をお考えの企業様等へ技術詳細を紹介します。

開放特許抄録集


・整理番号欄の「印刷用PDF」の文字をクリックすると本抄録のPDF版が入手できます。
・発明者欄の◆をクリックすると、本学の「研究者総覧」から在籍する研究者の情報を検索できます。
また★をクリックすると、本学に在籍する研究者の技術シーズを検索できます。

整理番号:0052 印刷用PDF
特許名称 符号ダイバーシチ通信方法及び符号ダイバーシチ通信システム
発明者
略歴/業績他 
研究室概要
太刀川 信一、 長谷部 悟史、 荻原 春生

利用分野

携帯電話や無線LAN等の移動体通信におけるスペクトル拡散通信方式

発明の目的 送信信号の振幅を一定に保つ定振幅合成系列の構成とすることで、送信機出力段の負担を軽減し、干渉抑圧性能を向上させます。
概要 送信機側では、直交化巡回シフトM系列の集合の和に、拡散用PN系列を乗じて±1で定振幅となる系列をつくり、それにデータを乗じて送信し、受信側では、拡散用PN系列と直交化巡回シフトM系列の一部の系列によって逆拡散して相関をとり、相関の分散から重み係数を求め、重み係数を乗じて各ダイバーシチのブランチの加算を得るようにしたものです。
特徴・効果 この発明は、送信機側で直交化巡回シフトM系列の集合の和に、拡散用符号系列を乗じて定振幅となる系列を生成し、当該生成した系列に送信データを乗じて送信する符号ダイバーシチ通信方法としているので、送信機の出力段で負担を増大させることがないという効果と共に、受信機前段に振幅リミッタを設けても、信号波形の劣化が少ない等多くの効果があります。
発明の詳細・
図面等

【特許請求の範囲】
直接拡散スペクトル拡散方式における符号ダイバーシチ通信方法であって、送信機側で、直交化巡回シフトM系列の集合の和に、拡散用符号系列を乗じて定振幅となる系列を生成し、当該生成した系列に送信データを乗じて送信することを特徴とする符号ダイバーシチ通信方法。

【詳細】
送信機10が、直交化巡回シフトM系列の集合の和に、拡散用符号系列を乗じて定振幅となる系列を生成し、当該生成した系列に送信データを乗じて送信する変調器11を有し、受信機20が、送信機10から送信された信号を、拡散用符号系列と直交化巡回シフトM系列の部分集合の和系列によって逆拡散する復調器21と、逆拡散された信号を積分してブランチの相関を出力する積分器22と、逆拡散した信号に、相関の分散に対応する重み係数を乗算する乗算器23と、乗算された信号を合成する合成器24とを有する構成となっています。

符号ダイバーシチ通信システムの構成ブロック図
符号ダイバーシチ通信システムの構成ブロック図
ライセンス情報
  • 特許登録番号:第4534038号
  • 登録日:H22年6月25日(2010年)
  • 権利満了日:H37年1月12日(2025年)
  • 実施許諾:可
  • 権利譲渡:否
事業化情報
  • 実施実績:無し
  • 許諾実績:無し
↑PAGE TOP