ライセンス可能な特許(開放特許)の詳細です。大学特許の利用や大学への技術相談をお考えの企業様等へ技術詳細を紹介します。

開放特許抄録集


・整理番号欄の「印刷用PDF」の文字をクリックすると本抄録のPDF版が入手できます。
・発明者欄の◆をクリックすると、本学の「研究者総覧」から在籍する研究者の情報を検索できます。
また★をクリックすると、本学に在籍する研究者の技術シーズを検索できます。

整理番号:0079 印刷用PDF
特許名称 酸素センサ
発明者
略歴/業績他 
研究室概要
高田 雅介、 岡元 智一郎、 飯浜 和史

利用分野

内燃機関の排気ガス検出装置、被測定ガス中の酸素濃度検出装置

発明の目的 簡単な構造で、しかも小型・軽量、安価で、かつ低消費電力で信頼性の高い酸素センサを提供します。
概要 この発明は、線材の両端に電源を設け、この線材に流れる電流を測定する電流計を設けた酸素センサで、前記線材には同一の希土類元素Lnを含むLnBa2Cu3O7-δとLn2BaCuO5を混合した複合セラミックスの線材を用いたものです。
特徴・効果 この酸素センサは室温作動全固体センサで、この酸素センサを用いることにより酸素センサの素子自体の構造を極めて簡素に構成でき、システム全体の構成も簡便となります。
したがって、センサ自体の小型化、軽量化が図れると共に、安価で、低消費電力の酸素センサとすることができます。
さらには、酸素センサ自体の信頼性も従来に比し格段に高まります。
発明の詳細・
図面等

【特許請求の範囲】
線材の両端に電源を設け、前記線材に流れる電流を測定する電流計を設けた酸素センサであって、前記線材に同一の希土類元素Lnを含むLnBaCu7−δとLnBaCuOとを混合した複合セラミックスの線材を用いたことを特徴とする酸素センサ。

【詳細】
線材1の両端に導線4を介して電源2を接続し、線材1と電源2の間に電流計3を導線4を介して接続し、前記線材1に流れる電流を測定します。
測定は、酸素センサの線材1を管体5内に設け、管体5内には被測定ガス6を流入させて、その時の電流計3の計測値により被測定ガス中の酸素濃度を検出することにより測定できます。
これにより、例えば、内燃機関の排気ガスや、被測定ガス中の酸素濃度を簡便な方法で検出できます。

酸素センサの基本構成
酸素センサの基本構成
線材に発生したホットスポットの様子
線材に発生したホットスポットの様子
ライセンス情報
  • 特許登録番号:第4714867号
  • 登録日:H23年4月8日(2011年)
  • 権利満了日:H37年9月21日(2025年)
  • 実施許諾:可
  • 権利譲渡:応談可
事業化情報
  • 実施実績:無し
  • 許諾実績:無し
↑PAGE TOP