ライセンス可能な特許(開放特許)の詳細です。大学特許の利用や大学への技術相談をお考えの企業様等へ技術詳細を紹介します。

開放特許抄録集


・整理番号欄の「印刷用PDF」の文字をクリックすると本抄録のPDF版が入手できます。
・発明者欄の◆をクリックすると、本学の「研究者総覧」から在籍する研究者の情報を検索できます。
また★をクリックすると、本学に在籍する研究者の技術シーズを検索できます。

整理番号:0101 印刷用PDF
特許名称 電力自立型河川監視装置
発明者
略歴/業績他 
研究室概要
高橋 勉、 白樫 正高、 岩橋 政宏、 坪根 正、 木佐木 麻央

利用分野

防災用河川監視システム、河川監視装置、水路・ダクト監視

発明の目的 集中豪雨による河川の流量や水位変化をリアルタイムでデータ取得し、その実態を早期に把握して水害被害を未然防止するために、外部電源が不要でしかも自然環境下でも信頼性が高く、汎用性に富む小型の電力自立型河川監視装置とすることを目的とします。
概要 カルマン渦の周波数検出器と、この周波数検出器の出力から流速を算出する制御装置と、流体の縦渦励振現象を応用した振動発電装置を備えることにより、商用電源からの電力供給が困難な河川でも安定的に動作する電力自立型河川監視装置です。
特徴・効果 流体のエネルギーを利用した発電装置を備えているので、水深の浅い河川や商用電力網のない地域でも設置できると共に、長期間にわたり信頼性の高い発電を行うことができます。
さらに、送信機により河川監視情報を遠隔地に無線送信することもできる他、表示器により目視で現場の河川監視情報を把握できます。また、一時的に発電装置に不具合が発生したとしても、蓄電器に蓄えられた電力により備え付けの制御装置により確実に駆動できます。
なお、本発明の電源は、流体による振動発電装置により供給されますが、例えば固定ベースに太陽電池パネルを装着して太陽電池と振動発電装置とを併用して駆動することもできます。
発明の詳細・
図面等

【特許請求の範囲】
流体中に配設されるリングと、前記リングを支持する支持体と、前記支持体と固定ベースとの間に配設され前記リングに作用する抗力を検出する抗力検出器と、前記抗力検出器からの信号を処理する制御装置と、前記制御装置に電力を供給する発電装置とを備え、前記発電装置が流体の流れ方向に対し長手方向が交差するように配設された第1の柱状体と、前記第1の柱状体に対し離間して長手方向が交差するように配設された第2の柱状体と、前記第1の柱状体と前記固定ベースとの間に配設された振動発電装置と、を備えることを特徴とする電力自立型河川監視装置。

【詳細】
流体中に配設されるリング2と、該リング2を支持する支持体3と、この支持体3と固定ベース4との間に配設され前記リング2に作用する抗力を検出する抗力検出器5と、該抗力検出器5からの信号を処理する制御装置6と、この制御装置6に電力を供給する発電装置7とにより構成されています。

監視装置の概要図
電力自立型河川監視装置の概要図
ライセンス情報
  • 特許登録番号:第4910134号
  • 登録日:H24年1月27日(2012年)
  • 権利満了日:H38年7月21日(2026年)
  • 実施許諾:可
  • 権利譲渡:否
事業化情報
  • 実施実績:無し
  • 許諾実績:無し
↑PAGE TOP