ライセンス可能な特許(開放特許)の詳細です。大学特許の利用や大学への技術相談をお考えの企業様等へ技術詳細を紹介します。

開放特許抄録集


・整理番号欄の「印刷用PDF」の文字をクリックすると本抄録のPDF版が入手できます。
・発明者欄の◆をクリックすると、本学の「研究者総覧」から在籍する研究者の情報を検索できます。
また★をクリックすると、本学に在籍する研究者の技術シーズを検索できます。

整理番号:0116 印刷用PDF
特許名称 光による水分解触媒及びその製造方法
発明者
略歴/業績他 
研究室概要
井上 泰宣、 齊藤 信雄、 西山 洋、 新井 直樹

利用分野

水分解触媒、有機物質の分解、環境汚染物質の光分解、各種光合成反応等

発明の目的 長期間安定して、光照射により水を水素と酸素に高効率で分解することのできる水完全分解用触媒、とその製造方法を提供します。
概要 亜鉛、マグネシウム、ベリリウムから選択された金属原子を添加したp型窒化ガリウム又はp型窒化ガリウムインジウムに、酸化ルテニウム、酸化ニッケル、酸化コバルト、酸化鉄、酸化クロム、酸化ロジウム、酸化イリジウムから選択された助触媒を担持して合成します。
特徴・効果 本発明の光による水分解触媒は、化石燃料等を全く使用せずに、クリーンなエネルギー源を製造する道を拓くものです。
さらに、この触媒は水の分解のみならず、エタノールや油等の有機物質の分解、或いは排ガス等に含まれる環境汚染物質の光分解反応や、各種の光合成反応等、幅広い分野にも適用可能なものです。
発明の詳細・
図面等

【特許請求の範囲】
0.0001〜7モル%のマグネシウム、ベリリウムから選択された金属原子を添加したp型窒化ガリウムに、助触媒として0.1〜10重量%の酸化ルテニウムを担持させたことを特徴とする光による水分解触媒。

【詳細】
亜鉛、マグネシウム、ベリリウムから選択された金属原子を添加したp型窒化ガリウムに、酸化ルテニウム、酸化ニッケル、酸化コバルト、酸化鉄、酸化クロム、酸化ロジウム、酸化イリジウムから選択された助触媒を担持させることによって合成します。
これにより、光エネルギーを利用して水を水素と酸素に分解する触媒として長期間安定かつ化学量論的に水を水素と酸素に分解することが可能となります。

窒化ガリウムの水分解活性を示す図
窒化ガリウムの水分解活性を示す図
ライセンス情報
  • 特許登録番号:第4982736号
  • 登録日:H24年5月11日(2012年)
  • 権利満了日:H37年11月4日(2025年)
  • 実施許諾:可
  • 権利譲渡:否
事業化情報
  • 実施実績:無し
  • 許諾実績:無し
↑PAGE TOP