ライセンス可能な特許(開放特許)の詳細です。大学特許の利用や大学への技術相談をお考えの企業様等へ技術詳細を紹介します。

開放特許抄録集


・整理番号欄の「印刷用PDF」の文字をクリックすると本抄録のPDF版が入手できます。
・発明者欄の◆をクリックすると、本学の「研究者総覧」から在籍する研究者の情報を検索できます。
また★をクリックすると、本学に在籍する研究者の技術シーズを検索できます。

整理番号:0210 印刷用PDF
特許名称 有機物分解用光触媒、並びに該光触媒の製造方法
発明者
略歴/業績他 
研究室概要
井上 泰宣、 齊藤 信雄、 西山 洋、 門脇 春彦、 新井 直樹

利用分野

各種有機物質の光分解、環境汚染物質の光分解、医療用光触媒、各種光合成反応等

発明の目的 毒性が低く、高い活性を有する有機物分解用等に有用で、活性成分に酸化セリウムを含む光触媒の提供が目的です。
概要 従来は、水を水素と酸素に完全に分解できるような高い光触媒機能を持つ酸化セリウム触媒はありませんでしたが、本発明では、酸化セリウムに異種元素としてランタンを添加し、さらに助触媒として白金を担持することにより、これまでにない高い活性を持つ酸化セリウム含有光触媒を製造可能としました。
特徴・効果 本発明で得られる光触媒は、毒性が低く、高い活性を有しているため、
(1)有機物分解用光触媒などに極めて有用です。
(2)分解可能物質としてメチレンブルーはもとより、エタノールや油など幅広い有機物に対 して効果を発揮します。
(3)排ガスなどに含まれる環境汚染物質の光分解反応や、各種の光合成反応等、環境分 野における反応にも適しています。
(4)低毒性を生かし医療用光触媒として応用することもできます。
発明の詳細・
図面等

【特許請求の範囲】
酸化セリウムに、異種元素としてランタンを添加し、さらに助触媒として白金を担持したことを特徴とする有機物分解用光触媒。

【詳細】
<光触媒の製造手順>
1)粉末状の酸化セリウムと、異種元素となるランタンを含む化合物の1種又は2種以上を、酸化セリウムに対して所定モル%の範囲で混合し前駆体を得ます。
2)その前駆体を空気中で500〜1400℃に加熱し、得られた複合体に対して所定重量%の白金を助触媒として担持させることで光触媒を製造します。

白金担持10mol%ランタン添加酸化セリウムのメチレンブルー分解活性
白金担持10mol%ランタン添加酸化セリウムのメチレンブルー分解活性
ライセンス情報
  • 特許登録番号:第5399530号
  • 登録日:H25年10月15日(2013年)
  • 権利満了日:H38年12月22日(2026年)
  • 実施許諾:可
  • 権利譲渡:否
事業化情報
  • 実施実績:無し
  • 許諾実績:無し
↑PAGE TOP