生物材料工学研究室

生物材料工学研究室ホームページ

技術シーズカテゴリー
生態・生物機能工学
キーワード
エネルギー生成・変換生物機能応用デバイスバイオセンサー

研究室教職員

下村 雅人

下村 雅人SHIMOMURA Masato

生物機能

教授

TEL:
0258-47-9404
FAX:
0258-47-9404
桑原 敬司

桑原 敬司KUWAHARA Takashi

生物機能

助教

TEL:
0258-47-9426
近藤 みずき

近藤 みずきKONDO Mizuki

技術職員

TEL:
0258-47-9403

専門分野

1.生物科学:生物工学
2.基礎化学:高分子化学
3.工学一般:機能材料、複合材料

研究分野

1.生物関連物質のハイブリッド化と応用
2.酵素固定化電極を用いるバイオセンシング
3.水晶振動子を用いるバイオセンシング
4.バイオ燃料電池

主要設備

1.FT-IR分光光度計(日本電子(株))
2.水晶振動子微小秤量(QCM)装置(北斗電工(株))
3.ゼータ電位測定装置((株)マイクロテック・ニチオン)
4.紫外・可視分光光度計((株)島津製作所

得意とする技術

1.有機原子団による固体表面の改質・修飾
2.導電性高分子の合成
3.生物関連物質と合成物質の複合化
4.各種化合物(有機化合物、高分子化合物)の合成

産学官連携実績・提案

水晶振動子型バイオセンサーの開発と応用

交流を求めたい分野

1.生物関連物質の高度利用
2.導電性高分子材料の高度利用
3.酵素固定化電極の応用
4.バイオセンサーの実用

メッセージ

生物関連物質や各種有機原子団による表面改質(共有結合)を技術基盤として、バイオセンサー、バイオ燃料電池等の研究に取組んでいる。

  • 図1 FT-IR分光光度計図1 FT-IR分光光度計
  • 図2 水晶振動子微小秤量(QCM)装置図2 水晶振動子微小秤量(QCM)装置
ページの上部へ