機械要素研究室

機械要素研究室ホームページ

技術シーズカテゴリー
ものづくり
キーワード
運動力学機械要素トライボロジー

研究室教職員

太田 浩之

太田 浩之OHTA Hiroyuki

機械創造

教授

TEL:
0258-47-9723
FAX:
0258-47-9770

専門分野

1. 機械工学:機械要素・潤滑、機械力学
2. 工学一般:トライボロジー

研究分野

1.機械要素(転がり軸受、リニアガイドウェイ、クロスローラガイド、トロコイド歯車、すべり案内要素)
2.機械力学(機械振動、機械騒音)
3.トライボロジー(接触剛性、転がり摩擦)

主要設備

無響室、防音室、測定室、真円度測定・解析システム、アンデロンメータ、転がり案内音響・振動測定用駆動装置、クロスローラガイド駆動装置、コン デンサーマイクロホン、メジャーリングアンプ、チャージアンプ、パワーアンプ、加振器、レーザードップラー振動計、ファンクションジェネレーター、デジタルオシロスコープ、レーザーオートコリメータ、FEM解析システム、MBD解析システム

得意とする技術

1.機械要素、情報機器およびメカトロ機器の音響・振動特性評価
2.機械要素の音響測定技術
3.機械部品の真円度および円筒度測定
4.転がり軸受および転がり案内の低騒音化
5.摩擦振動の抑制技術

産学官連携実績・提案

低騒音・低振動転がり機械要素の開発

交流を求めたい分野

1.機械要素のマルチボディダイナミックシミュレーション
2.機械要素のメンテナンスフリーに関する技術
3.特殊環境化で使用される機械要素の開発

知的財産等

直動案内装置の設計方法及びこれにより設計された転がり直動案内装置 特許第454093号
直動装置 特許第4633106号
直動装置 特願2010-256118
直動装置 特願2011-165874

メッセージ

転がり機械要素のダイナミクスとトライボロジーを主として研究しています。従来品に比べて約10dB騒音を低減したボールスプラインの開発や玉通過振動をナノメートルオーダーにまで低減した転がり案内の基礎研究を行いました。

  • 図1 振動とアコースティック・エミッションによるリニ図1 振動とアコースティック・エミッションによるリニ
  • 図2 無響室でのトロコイド歯車の騒音測定アガイドウェイの傷の検出図2 無響室でのトロコイド歯車の騒音測定アガイドウェイの傷の検出
ページの上部へ