脳情報工学研究室

脳情報工学研究室ホームページ

技術シーズカテゴリー
情報通信
キーワード
仮想音源定位機械学習筋電インターフェース脳情報インターフェースヒト運動制御・運動学習

研究室教職員

南部 功夫

南部 功夫NAMBU Isao

電気電子情報

准教授

専門分野

1. 情報科学・工学:知能情報学
2. システム・制御工学:ヒューマンインターフェース

研究分野

1. 脳波(EEG)を用いた脳情報インターフェース(Brain-Computer Interfaces: BCIs)の研究
− 運動情報を予測するBCI
− 仮想音への注意に応じた事象関連電位を計測するBCI
− BCIの精度の向上のための機械学習・特徴抽出・ニューラルネットワークの検討
2. 機能的近赤外分光計測(functional near-infrared spectroscopy: fNIRS)の信号処理およびBCIsに関する研究
− 短距離チャネルを用いたアーチファクト除去
− fNIRSを用いた運動情報を予測するBCI
3. ヒトの運動制御・学習および筋電インターフェースに関する研究
− 到達運動時の筋活動制御(筋シナジー)の調査
− 筋活動を用いた運動情報予測
4. 仮想音源定位技術の精度向上に関する研究
− 頭部伝達関数の個人化

主要設備

1. 脳波計(Biosemi)
2. 筋電計(Delsys, OTbio)

得意とする技術

1. 生体情報に対する機械学習
2. EEGとfNIRSによる脳活動計測

交流を求めたい分野

1. ヒューマンインターフェース技術および脳情報インターフェース技術
2. 生体信号における機械学習
3. 脳活動計測の応用分野(運動制御に関する行動支援・リハビリテーションなど)

メッセージ

我々は,電気電子情報工学専攻和田研究室と合同で,非侵襲の脳活動計測を軸として,神経科学の知見を重視しつつ工学の技術を組み合わせ,新しいインターフェースのための基盤技術の構築ならびに生体信号に適用できる機械学習等の解析技術確立を目指しています。

ページの上部へ