防災・復興システム工学研究室(リモートセンシング)

防災・復興システム工学研究室(リモートセンシング)ホームページ

技術シーズカテゴリー
計測・シミュレーション
キーワード
安全LiDAR衛星画像環境情報災害作物資源リモートセンシング

研究室教職員

高橋 一義

高橋 一義TAKAHASHI Kazuyoshi

環境社会基盤

准教授

TEL:
0258-47-9673
坂田 健太

坂田 健太SAKATA Kenta

環境社会基盤

助手

TEL:
0258-47-9676
FAX:
0258-47-9676

専門分野

1. 土木計画学・交通工学
2. 地球・資源システム工学
3. 農業環境・情報工学

研究分野

環境・水資源・エネルギーおよび食糧生産情報を衛星観測等で監視する技術研究
1.食糧生産情報:国内、海外の穀物生育情報、生育障害、農業災害、営農情報収集
2.森林情報:森林資源量の把握,森林の生育状態把握,森林樹冠密度分布推定
3.流域水資源情報:流域積雪分布特性の把握・流域植生分布密度特性の把握
4.精密農業情報:小型UAVによる水稲の生育監視
5.災害情報:洪水分布緊急把握,干ばつ領域の把握、斜面崩壊地区の把握

主要設備

1. 衛星リモートセンシングデータの解析システム
2. 野外分光計測機器
3. 熱赤外カメラ
4. ラインレーザスキャナ搭載小型UAV-based水稲生育監視システム

得意とする技術

リモートセンシングデータ等による地表面現象のモデル生成

産学官連携実績・提案

災害、土地被覆、地形等に関係する地表面の面的な環境情報計測を必要としている応用分野

交流を求めたい分野

1. 小型UAVを活用した環境モニタリング
2. 面的な水稲生育監視技術・装置の開発

知的財産等

1. 作物の生育診断方法及び生育診断システム(特許 第4982769号)
2. 植生生育状況解析方法、プログラムおよび植生生育状況解析装置(特許 第5369282号)

メッセージ

自律型小型UAVによる作物生育度の面的観測手法および装置の開発に取り組んでいます。

  • 図1 ラインレーザスキャナ搭載小型UAV-based水稲生育監視システム図1 ラインレーザスキャナ搭載小型UAV-based水稲生育監視システム
  • 図2 水田観測事例(水稲鉛直高さ分布)図2 水田観測事例(水稲鉛直高さ分布)
  • 図3 衛星レーダ情報による水稲生育情報の全天候把握図3 衛星レーダ情報による水稲生育情報の全天候把握
  • 図4 衛星観測画像による被災農地の復旧モニタリング図4 衛星観測画像による被災農地の復旧モニタリング
  • 図5 3次元点群情報を用いた水稲生育情報の把握図5 3次元点群情報を用いた水稲生育情報の把握
  • 図6 分光情報による水稲生育状態モニタリング図6 分光情報による水稲生育状態モニタリング
ページの上部へ