技術シーズプレゼンテーション


 

2015年度 2014年度 2013年度 2012年度 2011年度
2010年度 2009年度

 

技術シーズプレゼンテーション IN魚沼市(2015年度)

 

日  時

平成27年11月5日(木) 13:00〜15:10

 

会  場

魚沼市堀之内体育館
新潟県魚沼市堀之内130 TEL:025-794-6074
(関越自動車道堀之内I.C.から車で4分)

参加費
無料
申  込
申込締切
平成27年10月30日(金)
申込先
長岡技術科学大学
テクノインキュベーションセンター
FAX:0258-47-9183
E-mail :nticstaff@jcom.nagaokaut.ac.jp
申込書はこちらです
お問合せ
長岡技術科学大学 産学・地域連携課
TEL:0258-47-9278
E−mail:

プログラム(受付開始/12時30分から)

13:00
開会挨拶

長岡技術科学大学 テクノインキュベーションセンター長 田辺郁男

プレゼンテーション
1
時 間 13:05
発表テーマ 打撃により生じた弾性波の周波数応答特性に基づく鉄筋腐食したRC床版の劣化検知システムの構築

発表者

長岡工業高等専門学校 環境都市工学科 准教授 村上祐貴

発表の概要 本研究は、塩害等によって鉄筋腐食したRC床版を対象として、点検者の熟練度に左右されない点検評価システムの構築を目指すものである。今回は、鉄筋腐食劣化性状とRC床版表面の打撃により発生した弾性波の時刻歴応答特性や周波数応答特性等の定量的に評価可能な打撃応答特性を関連付けることで、鉄筋腐食したRC床版の劣化損傷判定を可能とすることを目的とした技術について紹介する。
キーワード @非破壊検査 A打音法 B鉄筋腐食 CRC床版 DJSCOOP
2
時 間 13:35
発表テーマ 大学のリソースを活用した産学連携の事例

発表者

新潟工科大学 機械制御システム工学科 准教授 小林義和

発表の概要 大学のリソースを活用し、地元企業に貢献することは大学の使命の一つである。本発表では企業様から依頼を受け、部品を複数個加工するための取り付けジグの開発(三次元設計、加工、組み立て、検証)および、そのNCプログラム開発をした共同研究の内容を紹介する。
キーワード @産学連携 A製品開発 B三次元設計 CNCプログラム
3
時 間

14:05

発表テーマ 熱可塑性CFRPの切削加工及び逐次成形

発表者

長岡技術科学大学 機械創造工学専攻 教授 柳和久
上智大学理工学部 機能創造理工学科 准教授 田中秀岳

発表の概要 次世代自動車の車体用構造材料として熱可塑性CFRPが着目されている。熱可塑性CFRPは航空機用材料である熱硬化性CFRPと同様に難削材である。今回は、熱可塑性CFPRと金属部品間の締結用穴あけ加工として傾斜プラネタリ加工による高効率加工技術並びに多品種少量及びシェル形状の3次元プリンティング技術として、局所加熱による熱可塑性CFRPの逐次成形技術について紹介する。
キーワード @CFRTP ACFRTS B傾斜プラネタリ加工 CCAD/CAM
D逐次設計
4
時 間 14:35
発表テーマ 超音波振動を援用した切削・研削加工技術

発表者

長岡技術科学大学 機械創造工学専攻 准教授 磯部浩已

発表の概要 生産性・加工精度が高い切削・研削は、機械加工における基本的な加工技術である。耐熱合金や高硬度・硬脆材などの難削材加工に対する加工要求に対して、本研究では工具を超音波振動させたり、研削液にキャピテーションを発生させる。その結果、加工抵抗の低減や加工熱が抑制される効果が確認された。さらに開発したガラス、アクリルなどの透明被削材内部応力の分布変動を高速度撮影法の紹介と、超音波振動切削のメカニズムを解説する。
キーワード 超音波加工 切削・研削加工 内部応力分布 光弾性法 難切削材料
15:05 閉会挨拶 魚沼市商工観光課 課長 大渕好文
主  催 長岡技術科学大学・新潟工科大学・長岡工業高等専門学校
共  催 魚沼地域ビジネス交流会実行委員会
後  援

公益財団法人長岡技術科学大学技術開発教育研究振興会

長岡技術科学大学協力会

新潟工科大学産学交流会

長岡工業高等専門学校技術協力会

主幹
イベント

魚沼地域ビジネス交流会2015/11月5日(木)12:00〜18:20