ナノ・原子レベル解析研究室

ナノ・原子レベル解析研究室ホームページ

技術シーズカテゴリー
ナノテクノロジー・材料
キーワード
クリープ変形高強度化塑性加工性の向上耐熱材料チタン合金熱電変換材料氷床

研究室教職員

本間 智之

本間 智之HOMMA Tomoyuki

機械創造

准教授

TEL:
0258-47-9760

専門分野

工学一般/ 物質工学

研究分野

材料強度学、金属物理学、固体物理学、回折物理学、金属の相変態

主要設備

精密イオンポリシングシステム、白金コーター、引張試験機、ファインカッター、研磨装置、マッフル炉、電気炉

得意とする技術

透過型電子顕微鏡、走査透過電子顕微鏡、ナノ・原子レベル組織解析、走査型電子顕微鏡、引張試験

産学官連携実績・提案

マグネシウム合金の結晶粒微細化機構の評価、熱電材料のナノ組織と特性の関係の解明、商用チタンの材料組織評価

交流を求めたい分野

チタン合金、航空機用部材の開発、耐熱材料の開発、輸送機器の構造部材の開発、熱電変換材料の開発、塑性加工性の向上

知的財産等

軽量板材の開発、高強度・耐熱マグネシウム合金の開発、特殊容器の開発

メッセージ

透過型電子顕微鏡を含む分析電子顕微鏡を主な解析手法として、アルミニウム合金、マグネシウム合金、チタン合金など軽金属のナノ・原子レベル組織に着目し、新合金の開発、機械的性質の向上、時効処理(熱処理)による高強度化、耐熱材料の開発および評価、合金元素添加の効果の解明を実現している。構造材料で培ったナノ組織解析技術を適用することで、熱電変換材料の高効率化も進めている。この他、金属材料の塑性変形の知見をベースに、極地における氷床変形機構の解明も目指している。

  • 図1 CoSi熱電材料に見られる析出物の, 透過型電子顕微鏡による結晶構造解析例.Co2Siが粒界に偏析することで, 熱電特性が改善する.図1 CoSi熱電材料に見られる析出物の, 透過型電子顕微鏡による結晶構造解析例.Co2Siが粒界に偏析することで, 熱電特性が改善する.
ページの上部へ