高分子材料化学研究室

高分子材料化学研究室ホームページ

技術シーズカテゴリー
ナノテクノロジー・材料
キーワード
アニオン重合ブタジエン有機・無機ハイブリッド

研究室教職員

竹中 克彦

竹中 克彦TAKENAKA Katsuhiko

物質材料

教授

TEL:
0258-47-9305
FAX:
0258-47-9300
戸田 智之

戸田 智之TODA Tomoyuki

物質材料

助教

TEL:
0258-47-9379
宮 正光

宮 正光MIYA Masamitsu

技術専門職員

TEL:
0258-47-9335

専門分野

1. 基礎化学:高分子化学 ソフトマター物理
2. 応用化学:合成化学
3. 工学一般:複合材料

研究分野

新規機能性ポリジエンゴムの開発
シリカ等無機物とのハイブリッド化
新規ジエンモノマー類の精密重合(分子量とミクロ構造制御)
ポリジエン類共重合体の開発
金属錯体による重合制御

主要設備

温度制御付き紫外可視分光光度計(UV-Vis)
赤外吸収分光光度計(FT-IR)
ガス精製装置付きドライボックス
流量計付きエチレン重合用ライン
分析用及び分取用分子量分布測定装置(GPC)
飛行時間型質量分析装置(MALDI-ToF-MS)
ガスクロマトグラフ-質量分析計(GC-MS)
水素炎イオン化検出器付き薄層クロマトグラフ装置(TLC-FID)
示差走査熱量計
小角動的光散乱装置
レオメーター
レオ-イメージング装置

得意とする技術

高分子合成(ラジカル重合、アニオン重合、配位イオン重合)
高分子の分子構造解析
高分子材料の構造解析および熱分析
線形・非線形レオロジー測定の解析、画像解析

産学官連携実績・提案

1.官能基を有するポリジエン類の医用材料への応用
2.結晶性高分子のナノスケールでの構造制御による新規材料の開発

交流を求めたい分野

物性評価と成形加工
ソフトマター全般の力学物性応用

メッセージ

高分子の精密重合とその一次構造の解析、オングストロームからミリメートルの範囲にわたる高次構造の評価、さらにそれらの構造と各種物性との相関を研究しています。また、流動中の構造変化と、それに伴う力学特性の変化を調べています。

  • 図1 ゾルーゲル反応を利用して調製したシリカ充填スチレンーブタジエンゴムの断面電顕写真。図1 ゾルーゲル反応を利用して調製したシリカ充填スチレンーブタジエンゴムの断面電顕写真。
  • 図2 嫌気下での有機実験用のガス循環精製装置付きグローブボックス図2 嫌気下での有機実験用のガス循環精製装置付きグローブボックス
  • 図3 流動小角光散乱(Rheo-SALS)と流動小角X線散乱(Rheo-SAXS)による構造解析図3 流動小角光散乱(Rheo-SALS)と流動小角X線散乱(Rheo-SAXS)による構造解析
ページの上部へ