セラミックス構造設計研究室

技術シーズカテゴリー
ナノテクノロジー・材料
キーワード
結晶・多結晶材料セラミックス微粉体無機合成

研究室教職員

田中 諭

田中 諭TANAKA Satoshi

物質材料

准教授

TEL:
0258-47-9337

専門分野

1. 工学一般:機能・物性

研究分野

・セラミックス製造科学 粉体合成から評価まで
・配向技術による機能性セラミックスの作製と評価
・構造用セラミックスの作製と評価

主要設備

スプレードライヤー、一軸プレス、ドクターブレード、等方圧プレス(300MPa)、電気炉、熱間等方圧プレス(HIP)、セラミックス研削盤、研磨機、カッター、インピーダンスアナライザー、強度試験機、疲労試験機、微小硬度計、微小圧縮試験機、共焦点走査型レーザー顕微鏡、走査型電子顕微鏡、光学顕微鏡、偏光顕微鏡、近赤外顕微鏡、走査型プローブ顕微鏡(E-Sweep)(圧電応答顕微鏡、誘電応答顕微鏡)、マイクロマニュピュレータ、粉体特性評価装置、粒度分布測定器、比表面積測定装置、レオメータ―、ゼータポテンシャル、粘度計、遠心分離機、フリーズドライヤー、水銀ポロシメーター、熱重量・示差熱天秤、熱膨張計、炭素量測定装置、超伝導磁石(10テスラ)、単結晶育成装置(FZ法)、マイクロX線コンピュータトモグラフィ(共通)

得意とする技術

配向組織設計、各種セラミックス成形、成形体および焼結体中の欠陥評価および配向評価

産学官連携実績・提案

セラミックス配向組織設計法の応用研究、セラミックス材料の高品質化、製造プロセス改善

交流を求めたい分野

1.セラミックス構造プロセスの最適化
2.粉体処理技術
3.試験装置の設計・製造技術

知的財産等

精密配向多結晶セラミックス焼結体、その製造方法及び製造装置(特開2006-264316)
セラミックス凝集体の粉砕方法及びセラミックス凝集体の粉砕装置(特願2007-030355)
結晶配向セラミックスの製造方法(特願2007-047575)
セラミックス構造体およびその製造方法(特願2007-193668)
配向酸化亜鉛熱電変換材料及びそれを用いた熱電変換デバイス(特願2006-166739)
セラミックスの製造方法及びセラミックスの脱泡装置(特開2007-106008)

メッセージ

セラミックス粉の取り扱い方、成形の仕方、焼結の仕方に関するアドバイスが可能です。トラブル対策はもちろん、新しい形づくりへの挑戦などのアドバイスが出来ます。

  • 図1 c軸配向酸化亜鉛図1 c軸配向酸化亜鉛
  • 図2 X線CTによるセラミックス中の傷の評価図2 X線CTによるセラミックス中の傷の評価
ページの上部へ