極限エネルギー密度工学研究室(中山グループ)

極限エネルギー密度工学研究室(中山グループ)ホームページ

技術シーズカテゴリー
ナノテクノロジー・材料
キーワード
エナジーハーベスティング・熱電変換技術高温構造材料・レーザーCVDナノコンポジット・ハイブリッド材料内の配向と三次元構造制御ナノ秒パルス電場利用ナノレベル3次元プリンター

研究室教職員

中山 忠親

中山 忠親NAKAYAMA Tadachika

技術科学イノベーション
電気電子情報

教授

TEL:
0258-47-9889
FAX:
0258-47-9890
後藤 孝

後藤 孝GOTO Takashi

技術科学イノベーション

特任教授

TEL:
0258-47-9884
FAX:
0258-47-9890
Wiff Verdugo Juan Paulo

Wiff Verdugo Juan PauloWiff Verdugo Juan Paulo

技術科学イノベーション

特任准教授

TEL:
0258-47-9884
FAX:
0258-47-9890

専門分野

[1]総合理工:ナノ・マイクロ科学、ナノ材料工学、(6)ナノ材料・創製プロセス(7)ナノ加工・成形プロセス
[2]化学:材料化学、無機工業材料、(3)セラミックス、(9)高機能触媒、(11)ナノ粒子・量子ドット(12)多孔体
[3]工学:材料工学、無機材料・物性、(1)結晶構造・組織制御(2)力学・電子・電磁・光・熱物性 (3)表界面制御 (4)機能性セラミックス材料(6)構造用セラミックス材料 (8)誘電体 (9)無機材料創製・合成プロセス
[4]工学:材料工学、複合材料・表界面工学、(3)ハイブリッド・スマート・生体材料(9)設計・作製プロセス・加工

研究分野

(1)複合材料、特に高強度セラミックスと有機無機ハイブリッド材料プロセス
(2)微粒子やフィラーの合成、表面改質、分散、混合手法
(3)レーザーCVD、ナノインプリント、ナノ3Dプリンターなどの2次元、3次元造形技術
(4)ナノ秒パルス電源の設計、試作およびこれを用いたプラズマ、高電場配向技術等
(5)ナノ構造の観察・評価技術の開発
(6)脆性破壊を示す材料の破壊(線形破壊工学、界面工学)

主要設備

3Dプリンター各種(ナノレベル3DプリンターNanoscribe社 Photonic Professional、キーエンス社 Agilista等)、レーザーCVD装置、粉末CVD装置、PECS(パルス通電焼結装置)、パルスイオンビーム照射装置(ETIGO-4)、透過型電子顕微鏡(FE-TEM/EELS、高感度EDX)、電界放射型走査型電子顕微鏡(FE-SEM/EBSD)、X線回折装置、比表面積測定装置(BET)、SQUID、テラヘルツ分光解析装置、レーザー共焦点顕微鏡、ハイスピードデジタルマイクロスコープ、ナノインデンター、大気圧プラズマ源、ホットプレス、ナノ粒子合成装置、ナノインプリント装置、有機無機ハイブリッド合成装置一式

得意とする技術

(1)粒子配向、内部構造制御などセラミックスおよびハイブリッド材料の合成プロセス開発
(2)ナノレベルの複合微粒子作成ならびにこれらの混合、成形、焼結技術
(3)フェムト秒レーザーによるナノレベル3Dプリンター、レーザーCVDなどのレーザー利用プロセス
(4)セラミックスおよびハイブリッド材料に関連する技術全般

産学官連携実績・提案

(1)指先と同じ機能を有する無機ー有機ナノ感触センサーの産業応用
(2)電気的、光学的に機能調和したナノコンポジットの産業応用
(3)ナノコンポジット技術による高分子の多機能化と産業応用
(4)高次機能調和ナノコンポジットセラミックスと産業応用
(5)パルス細線放電法による金属、無機化合物超微粒子合成および装置開発
(6)水や空気の浄化技術及び環境配慮技術の開発

交流を求めたい分野

(1)ナノコンポジット材料の産業応用
(2)レーザーCVD、ナノレベル3Dプリンターの産業応用
(3)人間の指先と同じ機能を持つ感触センサー
(4)ナノ粒子の合成、混合、成形、ならびに焼結・加工技術
(5)ナノ秒パルス電源を用いた材料合成、処理技術
(6)環境浄化(水、空気)、環境配慮技術(資源開発、農業等)

知的財産等

窒化ホウ素皮膜(特開2011-168848)、金属微粒子及びその製造方法(特開2010-209417)、窒化ホウ素膜及びその成膜方法(特開2010-185138)、ナノシートの製造方法(特開2010-106352)、表面に微細凹凸パターンを有したセラミックス焼成体及びその製造方法(特開2010-52408)、微粒子の製造方法(特開2009-241025)、ナノ構造体、ナノ構造体の製造方法及びナノ構造体の合成装置(特開2009-057229)

メッセージ

20年以上も前に世界に先駆けてナノコンポジットのコンセプトを発表し、セラミックス、高分子、金属系のナノコンポジット材料に関して多岐にわたる新規材料の開発に成功しています。後藤 孝 特任教授は国際セラミックス連盟 会長(International Ceramic Federation, President)であり、セラミックス全般に関して多くのネットワークを有しております。また、その殆どの技術シーズは移転が可能で、必要な場合は共同研究も大歓迎です。新しい機能を有する材料が必要な場合は是非ご連絡下さい。更に、破壊力学的な検討に関しても技術相談可能です。
 特に以下の技術を求める方との共同研究を積極的に進めています。
■セラミックス技術全般に関するご相談をお持ちの方、特に2次元、3次元構造体の合成(3Dプリンター等)
■成型技術、特に安価なナノ加工を求めておられる方
■ナノ秒での動き、光、電気などの計測を求めておられる方
■材料の内部の構造を制御したい方

  • ナノ秒パルス電場によるハイブリッド材料中無機フィラーの配列構造制御ナノ秒パルス電場によるハイブリッド材料中無機フィラーの配列構造制御
  • ナノレベル3Dプリンターにより造形された構造体ナノレベル3Dプリンターにより造形された構造体
ページの上部へ