航空流体工学研究室

航空流体工学研究室ホームページ

技術シーズカテゴリー
計測・シミュレーション
キーワード
計算機援用設計最適設計数値流体力学不確実性流体機械ロバスト性

研究室教職員

山崎 渉

山崎 渉YAMAZAKI Wataru

技術科学イノベーション
機械創造

准教授

TEL:
0258-47-9730

専門分野

1. 機械工学:流体工学
2. 総合工学:航空宇宙流体力学
3. 計算科学:設計・最適化

研究分野

流体機械や航空機形状の計算機援用最適設計
効率的な自動最適設計技術 の開発
PIV流速計測技術の高度化研究
実験・数値解析融合技術の開発
空気抵抗値の高精度予測・物理要因分類・要因可視化

主要設備

並列計算機
PIV流速計測装置
流体可視化ソフトウェア

得意とする技術

数値流体解析
計算機援用最適設計
大規模データ解析

産学官連携実績・提案

空気抵抗値の物理要因分類手法を用いた航空機形状の最適設計
風車ブレード形状の最適設計
実験データと数値解析データの融合

交流を求めたい分野

最適設計技術の応用
不確実性解析技術の応用
計算工学と実験工学の融合

メッセージ

計算機を使用した効率的な最適設計技術の開発にも取り組んでいます。多数のパラメータ値をある性能値に対して調整(最適化)していくという問題は、流体機械の形状設計以外でもあらゆる分野で頻出する話題かと思います。どうぞお気軽にご相談ください。

  • 図1 翼形状の空力最適設計事例(左:初期形状 右:最適形状)図1 翼形状の空力最適設計事例(左:初期形状 右:最適形状)
  • 図2 垂直軸型風車周りの数値流体解析例図2 垂直軸型風車周りの数値流体解析例
  • 図3 応答曲面法による性能値近似モデルの構築例図3 応答曲面法による性能値近似モデルの構築例
ページの上部へ