プラズマ力学研究室

プラズマ力学研究室ホームページ

技術シーズカテゴリー
環境基盤・エネルギー
キーワード
電気エネルギー工学プラズマ応用理論・数値シュミレーション

研究室教職員

菊池 崇志

菊池 崇志KIKUCHI Takashi

原子力システム安全
電気電子情報

准教授

TEL:
0258-47-9506
FAX:
0258-47-9500
佐々木 徹

佐々木 徹SASAKI Toru

電気電子情報

准教授

TEL:
0258-47-9559
FAX:
0258-47-9559
高橋 一匡

高橋 一匡TAKAHASHI Kazumasa

電気電子情報

助教

TEL:
0258-47-9899

専門分野

1. 流体力学:電磁流体力学、圧縮性流体力学 2.流体論、プラズマ、放電:プラズマ
3. 機械的性質と熱物性:熱物性 4. エネルギー変換及び貯蔵:エネルギー変換 5. 飛翔体:飛翔体の力学

研究分野

電磁流体力学
プラズマを利用した高効率発電システムの研究開発
宇宙用高効率発電・高性能プラズマ推進機の研究
可搬型高効率パルス発電システムの研究
メタン高度利用技術開発
プラズマ理工学
 1.大気中での放電プラズマの発生と応用
 2.大気圧プラズマによる表面処理、その他の応用
 3.パルスパワー装置による高エネルギー密度プラズマの生成と計測、その他応用
数値解析
 1.電磁流体力学やプラズマに関する数値解析
 2.その他、各種プラズマ実験に関する諸解析

主要設備

ストリークカメラ、時分解計測分光器、電磁石、大気圧プラズマ発生用装置、多チャンネル波形記録装置、高温計測用放射温度計、顕微鏡、高電圧電源、高速発光計測システム、高電圧プローブ、電流プローブ、コンピュータ・クラスタ、YAGレーザー、紫外光レーザー等

得意とする技術

流体と電磁気の複合領域の物理現象の解明と電磁力の応用、プラズマに関する物理現象の解明とプラズマの応用、電磁流体力学やプラズマ現象の数値解析や各種設計、粒子ビームの制御、軌道解析、設計、パルスパワー装置開発、極短時間現象の計測、それに関連する計測手法の開発、放射線の発生とその応用

産学官連携実績・提案

平成14年度長岡市産学共同研究事業「大気圧プラズマの液晶・製造への応用研究開発」、細線のプラズマ焼鈍、表面改質、大気圧プラズマの応用、プラズマを用いた材料開発のための基礎研究、放射線応用

交流を求めたい分野

プラズマの応用についての提案、各種基材の表面洗浄、改質、加工、大気圧プラズマの環境対策への応用(排ガス浄化・廃液処理など)、プラズマを用いる水や液体の改質など、各種の実験・現象解明の物理シミュレーション、パルスパワー工学の産業応用、放射線利用・応用

知的財産等

塗膜の形成方法(特許第5092173号)
樹脂材料の接着方法(特願2006-271523)
焼鈍方法及び焼鈍装置(特願2007-235950) 
高温高圧発生方法及び装置(特願2008-323576)
プラズマ発生装置、プラズマ発生体及びプラズマ発生方法(特願2014-125850)

メッセージ

プラズマ力学研究室では、プラズマ理工学の基礎的分野を中心に研究を進めています。一方で、プラズマの産業応用に関して、宇宙・核融合から高効率発電や材料の表面改質など、幅広い分野に対応する技術の開発も行っています。今後は特に、医療、環境、安全・安心社会の構築を助ける技術開発に貢献できればと考えています。

  • 図1 高性能プラズマ宇宙推進機の実験図1 高性能プラズマ宇宙推進機の実験
  • 図2 液面大気圧プラズマ発生とその応用図2 液面大気圧プラズマ発生とその応用
  • 図3 極超音速プラズマ流とその計測図3 極超音速プラズマ流とその計測
ページの上部へ