液晶デバイス研究室

液晶デバイス研究室ホームページ

技術シーズカテゴリー
ものづくり
キーワード
印刷エレクトロニクス液晶表示

研究室教職員

木村 宗弘

木村 宗弘KIMURA Munehiro

電気電子情報

教授

TEL:
0258-47-9540
FAX:
0258-47-9500

専門分野

1. 物性:電子デバイス

研究分野

1.印刷技術による有機電子デバイスのroll2roll作製法の開発
2.界面分子配向制御に関する研究
3.新方式高速応答ネマティック液晶表示素子の開発
4.液中AFMによる固液界面物性の研究
5.液晶セルの種々パラメータ測定法
6.液晶薄膜に関する研究

主要設備

時間分解分光エリプソメーター2台、スリットコーター、液中原子間力顕微鏡、真空蒸着装置、走査電子顕微鏡、He-Cd Laser、アッベ屈折率計、表面張力測定器、ラビング装置

得意とする技術

1.シミュレーションを用いた分子配向光学計算
2.偏光解析による薄膜の膜厚、屈折率測定
3.液晶材料の弾性定数、誘電率異方性、屈折率異方性等の物性測定
4.配向膜のアンカリングエネルギー測定

産学官連携実績・提案

・液晶配向評価 {LCD関係各社から応需}
・アンカリングエネルギー測定装置の開発 {東陽テクニカ株式会社より製品化}
・スリットコーターによる高機能薄膜の形成{材料メーカー各社から応需}

交流を求めたい分野

プリンタブルエレクトロニクスの研究とその応用

知的財産等

液晶表示装置(特開2007-192854)
液晶素子の製造方法(特開2009-175247)

メッセージ

印刷エレクトロニクス技術開発を一緒に行ってくれる材料メーカーを探しています。

  • 図1 紫外線干渉露光法によって作製された、ピッチ2μm、高さ1μmのグレーティングの原子間力顕微鏡像図1 紫外線干渉露光法によって作製された、ピッチ2μm、高さ1μmのグレーティングの原子間力顕微鏡像
  • 図2 液晶分子配向印刷機(スリットコーター)図2 液晶分子配向印刷機(スリットコーター)
  • 図3 固体表面と液体とが接している境界面のトポグラフィーや各種物性観測が可能な原子間力顕微鏡(島津製作所SPM-8000)図3 固体表面と液体とが接している境界面のトポグラフィーや各種物性観測が可能な原子間力顕微鏡(島津製作所SPM-8000)
ページの上部へ