光物性・テラヘルツ工学研究室

技術シーズカテゴリー
ナノテクノロジー・材料
キーワード
蛍光体光物性レーザー

研究室教職員

加藤 有行

加藤 有行KATOH Ariyuki

電気電子情報

准教授

TEL:
0258-47-9503
FAX:
0258-47-9500

専門分野

1. 物性:固体物性、電子材料、光エレクトロニクス

研究分野

機能性光学材料の結晶成長とデバイス応用技術
・希土類添加チオガレート化合物蛍光体の成長と新レーザーへの応用

主要設備

発光・励起・吸収(透過)用高分解能分光装置
ラマン散乱用高分解能分光装置
高磁場下の広波数域の超高分解能FT分光装置
分子線エピタキシー装置

得意とする技術

分光学関連技術と光学材料の光学特性評価技術

産学官連携実績・提案

希土類添加チオガレート化合物は合成が容易であり、高効率の白色蛍光体および、超小型可視域波長可変レーザーへの応用が考えられます。

交流を求めたい分野

高効率白色蛍光パネルの開発
高利得小型可視域波長可変レーザーの開発

知的財産等

レーザ用光学媒質、レーザ、及びレーザ用光学媒質の製造方法(特許第3780338号)

メッセージ

希土類を用いた高効率白色蛍光体材料・可視域波長可変レーザー材料の開発をしています。
興味のある方のご連絡をお待ちしています。

  • 図1 ラマン散乱用高分解能分光装置の概観図1 ラマン散乱用高分解能分光装置の概観
  • 図2 高磁場下の広波数域の超高分解能FT分光装置図2 高磁場下の広波数域の超高分解能FT分光装置
ページの上部へ