交通工学研究室

交通工学研究室ホームページ

技術シーズカテゴリー
社会経営基盤、コミュニケーション
キーワード
アスファルトアスファルト混合物耐久性

研究室教職員

高橋 修

高橋 修TAKAHASHI Osamu

環境社会基盤

教授

TEL:
0258-47-9604
FAX:
0258-47-9600
中村 健

中村 健NAKAMURA Takeshi

環境社会基盤

助教

TEL:
0258-47-9627
FAX:
0258-47-9600

専門分野

1. 運輸交通工学:交通工学、道路工学

研究分野

アスファルト材料の力学性能の評価
機能性舗装材料の新規開発
産業廃棄物の舗装材料としてのリサイクル
アスファルト混合物の合理的配合設計法の開発

主要設備

Superpave Gyratory Compactor(米国Pine 社製)
動的万能試験機(容量1トン、インテスコ社製)
静的万能試験機(容量5トン、インテスコ社製)
ホイールトラッキング試験機(ナカジマ技販製)
ローラーコンパクタ(ナカジマ技販製)
アスファルト混合物用パグミルミキサ(ナカジマ技販社製)
小型FWD 試験装置(東京測器研究所社製)
理論最大密度測定装置(ナカジマ技販社製)

得意とする技術

各種アスファルト混合物の配合設計と力学性能の評価
アスファルト舗装の構造解析とその健全度評価
アスファルト混合物の体積特性値の測定

産学官連携実績・提案

車道用ポーラスアスファルトの開発
小型FWD 装置の開発
伸縮分散型埋設ジョイントの構造設計法の開発
高速道路アスファルト舗装の供用性評価
可撓性踏掛版の開発

交流を求めたい分野

廃棄物の舗装材料への応用
アスファルト材料の評価および新規開発
空港アスファルト舗装、高速道路アスファルト舗装の長寿命化

メッセージ

環境にやさしく、耐久性の高い舗装材料、舗装構造の研究・開発に努めています

  • 図1 ポーラスアスファルトと埋設ジョイントの技術を適用した環境フレンドリー舗装の一例図1 ポーラスアスファルトと埋設ジョイントの技術を適用した環境フレンドリー舗装の一例
  • 図2 ホイールトラッキング試験によるアスコンの耐流動性評価図2 ホイールトラッキング試験によるアスコンの耐流動性評価
ページの上部へ