生物資源工学研究室

生物資源工学研究室ホームページ

技術シーズカテゴリー
生態・生物機能工学
キーワード
セルロース系バイオマスバイオ燃料バイオリファイナリー

研究室教職員

小笠原 渉

小笠原 渉OGASAWARA Wataru

技術科学イノベーション
生物機能

教授

TEL:
0258-47-9429
FAX:
0258-47-9429

専門分野

生物科学/ 酵素科学・工学

研究分野

1.糸状菌の生産するセルラーゼ・ヘミセルラーゼの誘導発現機構
2.細菌に見出された新規プロテアーゼの酵素科学的性質と生理的役割および構造機能相関
3.酵素法によるセルロース系バイオマスからの効率的な糖生産プロセスの開発

主要設備

微生物培養装置
塩基配列決定装置
核酸定量装置
飛行時間型質量分析装置

得意とする技術

1.微生物培養技術
2.蛋白質精製技術
3.酵素活性測定技術
4.遺伝子クローニング技術
5.遺伝子発現技術
6.糸状菌の形質転換効率技術
7.細胞イメージング技術

産学官連携実績・提案

1.セルロース系バイオマスからの高効率な酵素糖化システムの開発
2.セルロース系バイオマスからオリゴ糖生産システムの開発
3.蛋白質からのオリゴペプチド生産システムの開発

交流を求めたい分野

バイオマス前処理技術
発酵技術

メッセージ

・自己PR
 セルロース系バイオマスから高効率に「糖」を生産するプロセス開発のためにカビの酵素研究を行っています。
・現在特に力を注いでいる技術
 セルラーゼ高生産糸状菌の育種
・学生指導に関する考え方
 自由な雰囲気からの世界レベルの研究を目指しています。

  • 図1図1
  • 図2図2
ページの上部へ